• p1-2
  • p2-2
  • p3-2
  • p4-2
  • p5-2
野菜が喜ぶ、すべての環境を揃えてお待ちしております。

シェフからのご挨拶

シェフからのご挨拶

カジュアルフレンチれすとらん さいとうは、野菜レストランsaitoにリニューアルしました。

ずっと思い描いていた野菜のレストランを一から形にしたレストランができました。
野菜たちに喜んでもらえるようにさらに努力を重ねていきます。

より一層のご愛顧を賜りますよう、お願いいたします。

シェフのこだわり

イベント情報

  • 今後に向けて!そしてテイクアウトが始まりました!

    お待たせ致しました、さいとうのテイクアウトがスタートしました。

     

    まずは報告がございます。この度『野菜レストランさいとう』は「食と場のチカラで、みんなの幸せをカタチにする」『ユニットIRODORI』の朝日智都氏と清水謙氏と手を組み、今後の事業展開を行うこととなりました。さいとう開業15周年の節目の年でもありますし、新型コロナウイルスによる世の中の混乱もあり、今後を見据え、あらためてスイッチを入れるには絶好のタイミングかと思います。

     

    休業中は話しあいと試作を何度も繰り返し、15年間積み重ねてきたものを再確認し、お客さまや生産者さんの声を思い、そして野菜と向きあいました。そしてそこからさまざまな切り口で事業展開していく数多くのヒントや発想を得ることもできました。事業的にはとても厳しい状況ではありましたが、不思議なほどワクワクした気持ちで未来を描く、とても有意義な時間となりました。

     

    そして『ユニットIRODORI』プロデュースのもと共同で作り上げた「いろどりごはん」をまずは売り出します。これ、いつも店で出している料理ではなく、私齊藤がお弁当を作ったら…!がコンセプトです。実は、普段は家でも店でもお弁当は作らないので新たな挑戦となります。いろとりどりの野菜の魅力、食卓を楽しくする食べ方、栄養などの情報も添えてお届けします。

     

    この「いろどりごはん」をはじめ、「うち飲みセット」や「うち飯セット」など、食のシーンに応じて、いろいろなメニューを用意しています。前日の夕方までご予約頂き、翌日お引き取りという形で承ります。詳細などは追ってアップいたしますが、ご予約・お問い合わせは弊店までお尋ねください。取り急ぎ皆様への近況報告とさせて頂きます。

     

    2020.5.22

    野菜レストランさいとう オーナーシェフ 齊藤良治

     

今月の主役をご紹介いたします

  • 今年も三浦半島城ヶ島産の生ヒジキが届いております。三浦のヒジキは柔らかさと味の良さが特徴です。すぐそばを流れる黒潮の影響で、冬でも水温10℃を下回ることがない栄養分豊富な環境で育つからです。カルシウム、ビタミン、ミネラルが豊富で食物繊維ですからね、身体に良いこと間違いなしです。ランチもディナーもお魚料理で提供中です!

バックナンバー

今召し上がって頂きたい旬のひと皿

  • 今年の冬は暖かかったですね。お陰で野菜の成長が早く、供給過剰になり、農家さんは卸値の下落に嘆いていましたが。とりあえず春を迎えましたし、春の野菜で温前菜をまとめてみました。ビーツとルタバガのソースに、菜の花・スティックセニョール・プチベールのソテー、ルタバガとホタテのバターソテー、サクサクなケール、アサリの酒蒸し、そしてキンカンの素揚げを岩井の胡麻油さんの白口胡麻油を使ったナンプラードレッシングがまとめています。ディナーで絶賛提供中!

バックナンバー