コンテンツ

最近の「白菜」は調理法をえらびませんね!

白菜はいろいろな調理法に対応してくれるので好きな野菜のひとつです。最近は品種改良により、葉の裏に固い繊毛のない生食用や、家庭でも扱いやすい小玉タイプなど、バライエティに富んでますね。色的にも、火を通すとより鮮やかになりますがオレンジ白菜。そして紫色した紫白菜(以前「紫式部」という商品名でしたが「紫奏子」と改名され種屋さんで売られています)もあるんです。機能性成分のアントシアニンが豊富で、やはり葉の裏に繊毛がないのでサラダでいけちゃうタイプ。漬物とか鍋ものが一般的な白菜ですが、種類も豊富になってきましたし、いろいろな楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか?
現在のさいとうメニューではランチだとポトフに入ってます。ディナーだとお魚料理で絶賛提供中です!
20171423219.JPG