野菜が喜ぶ、すべての環境を揃えてお待ちしております。
齊藤良治

シャフからのご挨拶

カジュアルフレンチれすとらん さいとうは、野菜レストランsaitoにリニューアルしました。

ずっと思い描いていた野菜のレストランを一から形にしたレストランができました。
野菜たちに喜んでもらえるようにさらに努力を重ねていきます。

より一層のご愛顧を賜りますよう、お願いいたします。

 

シェフ齊藤良治

シェフのこだわり

今月の主役をご紹介いたします

  • 普段は地場産の野菜をフォーカスしてますが、端境期ということもあり今回は趣向を変えて・・秋になりましたのでキノコ類です。その名は「ハニートリュフ」!生れはハンガリー。ハニーと付いているように、とにかくとにかく甘い甘い!!最初はマッシュルーム的な風味、そのあとに力強い甘味がいっぱいに広がり持続します。キノコ類で甘味というのは極めて珍しいそうで、他の黒や白トリュフにある表皮がないのもユニークな点ですね。「えっ、トリュフ(きのこ)ってこんなに甘かったっけ!」初めてこれを口にした時はとにかく衝撃的でした(笑)。これを皆様にも是非味わって頂きたく、ディナーメニューの温前菜に盛り込みました。5から6種のキノコを付け合せに、温泉玉子と里芋や冬瓜、そこにセップ茸(ポルチーニ茸)の和出汁ベースのあんかけ仕立て。そしてハニートリュフをトッピングに!!さぁ、ぜひ楽しんで下さい。 画像右は掃除をしていない状態です。左は丁寧にブラッシングして洗ったトリュフ。
バックナンバー

今召し上がって頂きたい旬のひと皿

  • 目にも味にも秋を感じる一皿!のイメージ
    今回はディナーのメインのお肉料理にフォーカス。想像してください、旬の茹で栗のホクホクと旨味たっぷりの栗のソース。90℃で90分じっくりと火を入れた味が凝縮した葡萄のコンフィ。地場産完熟イチジクの赤ワインコンポートとフレッシュ。そこにクルミのローストを散らして、とどめは煮詰めたバルサミコのソースと甘くないチョコレートのソース。どうぞこれで「やまゆりポーク」のロースを召し上がってください!
バックナンバー